直線上に配置
結婚式にスイスから呼び寄せた友人ダニエルがどうしても京都に行ってみたいというので、秋の京都へ出発!!今回は、特に"古き良き日本"をテーマに、わび・さびが感じられる場所を選んで巡ってみました。
直線上に配置
トップページへ

京都(哲学の道)      〜秋の古都を歩く〜

 中学生の時に修学旅行で一度来たことはあるのだが、その時は、金閣寺に比べてあまりにも地味なこの寺に全くといっていいほど興味が沸かなかった。

 ところがどうだろう。30代に差し掛かろうとしている今、改めて眺めてみると中々どうして深い趣があるように感じられる。これが、わび・さびというものなのだろうか?

 一体、外国人であるダニエルはどう感じているのだろうか?とりあえず感想を聞いてはみたが、返ってくる答えは、"Very Interesting"だけである。

 哲学の道と言うことで、いろいろ哲学めいた事を考えようとしたけど、一体哲学とは何だろう??という疑問に取り掛かっているうちに南禅寺についてしまった。

 南禅寺は、JR東海のCMでも使われているだけあって、一面の紅葉と南大門が見事にマッチしていて、これまた「わび・さび」が
感じられる。
 
 ただ、飛び石の連休中だったこともあり、まるで渋谷にいるかのように沢山の観光客で一杯だった。南大門の上にも登った(有料!!)が、紅葉よりも人の方が目立って、黒と赤のコントラストが出来上がっていた。

 やはり、ここも観光客だらけで、駐車場に止めるだけで、参道から30分もかかってしまった・・・。(写真は三千院の中庭。)ただ、混んでいるだけあって?紅葉は非常にきれいだった。

 大原は2回目だが、ここが一番京都を感じられるような気がする。ゆったりとした空気が流れている・・・。

フォトギャラリーへ
inserted by FC2 system