直線上に配置
北海道を後にしたポン太夫妻は、津軽海峡を超え一路祖母の待つ青森へ。青函トンネルは、日本で一番長いトンネルとは言え、結局はただのトンネルなので、通過中は真っ暗。というわけで、朝も早かったので、ぐっすりとお休みました・・・・。
直線上に配置
トップページへ

青森(上北〜小川原湖)  〜白鳥と佃煮の旅〜

 青森は上北町に到着したポン太夫妻は、旅の疲れも何のその、一路白鳥の待つ小川原湖(十和田湖より大きい青森最大の湖)へと・・・。

 到着してびっくり!!なんとも夥しい数の白鳥とカモ。100羽以上はいるだろうか。しかも、御丁寧に売店で餌が売っており、餌付けができた。彼らは全く物怖じせず、私の手からパンをぶん取って行った。。。

 白鳥は、越冬するため、シベリアから毎冬この湖にやってくるのだという。極寒の青森で越冬するとは、いったいシベリアってどんな寒さなのか???

 これだけの豪雪地帯に来ることは、あまりないので、とりあえず雪遊びに興じてみた。
 
 湖のそばに無造作に積もっている雪で定番の雪だるまつくり。
慣れていないため(果たして雪国の人は、雪だるまを造り慣れているのだろうか??雪だるま造りコンテストなんてものがありそうだが・・・。)、小1時間掛かってしまった・・・。

 雪遊びをしている最中に、佃煮屋を発見!!ずうずうしくも、工場の中まで入って、写真を撮らせてもらった。

 雪国の冬は、みんなコタツでぬくぬくかと思っていたが、なんとここの佃煮屋では、冬でも朝早くから漁に出かけるとのこと。せっかくなので、佃煮を買って帰って食べたら、白米によくあって、ムチャ美味でした。

 最近、周りでプチ佃煮ブームが起きていたが、食べてみて納得。健康にもいいし、ご飯が進むとなれば、一石二鳥どすな。

フォトギャラリーへ
inserted by FC2 system